パブマガ プロジェクト始動

auto-delivery

パブマガとは広報誌(Public Magazin)のことです。このプロジェクトは一般社団法人Open Embedded Software foundation湘南Apps!との協力関係のもと開始されました。藤沢を中心として、地域のためのアプリケーション開発を行うコミュニティに、一般社団法人Open Embedded Software foundationが参加し、地域活性化のためのアプリケーション開発プロジェクトがスタートしました。
そこで目に留まったのが広報誌です。活動拠点の藤沢市の人口は42万人、世帯数は18.3万世帯です。藤沢市の広報誌は毎月全戸に配布されており、印刷打つの量としても膨大な数です。また、藤沢の住民は決して藤沢だけが生活圏ではなく、近隣の鎌倉や茅ヶ崎もその生活圏となっています。
また、住民のすば手の人がこの広報誌を読んでいるかも疑問です。この膨大な印刷物としての広報誌を少しでも削減し、オンラインでお届けできれば、印刷や配布の経費削減はもとより、もっと多くの人たちに、広報誌に掲載された貴重な情報をお届けできると考えました。

ここを訪れる人たち(観光客)にとっても、藤沢だけでなく、鎌倉や茅ヶ崎も同じエリアです。この湘南エリアの広報誌掲載情報を手軽に入手できるようになるのではとの思いから、このプロジェクトがスタートしました。

単身赴任に関東に来ている人、上京してきている学生、多くの人たちにとっては、ふるさとの広報誌を見るもそれほどありません。そこで、最終目標はを全国の各自治体の広報誌をすべて、スマホやタブレット、PCで手軽に閲覧でき、トピックスを検索できるシステムを構築することになりました。
全国約1930の自治体がほぼ毎月発行する広報誌をオンラインでお届けすることが目的です。

このプロジェクトに賛同したメンバーのボランティア活動で、少しづつではありますが、システム構築をスタートしました。順次サイトを公開してまいります。

皆様のご協力とご支援をぜひお願いいたします。

Pubmagプロジェクトチーム一同


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL